俗物精舎|SOUTHBAY TATTOO JAPAN

1970年より兵庫県尼崎市で刺青・タトゥーを中心にアート活動しているSOUTHBAY TATTOO JAPAN 所属アーティスト2名によるブログ。
二代目彫寿-Horiju II & 寿舞-Jumai(女性彫師)
<古典水墨肌絵刺 尼崎彫寿一門>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
<< 懐かしや絵三昧。 | main | イタダキマン。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | -
弟子の不出来を嘆いておられますか?
今日は親族と休みを合わせて、先代のお墓参りに行って来ました。

連休と御彼岸って事もあって、かなりの混雑でしたが、ちゃんとお参りして近況報告が出来ました。

この墓地、春には鶯が美声を披露してくれる、日当たりも最高なとても落ち着いた良い場所で、よくイメージされる恐さは微塵も感じられません。

近くにあれば散歩がてらお弁当持参で毎週来たいほど。
先代も気持ちよく感じてくれていれば良いのですが。

今日は鶯は鳴いていませんでした。残念です。

で、話は変わりますが、こないだ仕事場を片付けている時、引き出しから2000年の「TOKYO TATTOO CONVENTION」のオマケキーホルダーが出てきました。

たしかお休みを貰えるような身分じゃなく、その時まだ健在だった先代に無理を言って、寿舞さんと半日時間を貰って日帰りで観に行った事を思い出しました。

その年の秋、先代が突然亡くなってしまったので、とても記憶に残っています。
懐かしいですね。

ところでこのオマケは、栓抜きなのでしょうか?
未だに使用方法が解りません。

| 二代目彫寿(ほりじゅ) | horiju | 20:31 | comments(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:31 | - | -










このページの先頭へ