俗物精舎|SOUTHBAY TATTOO JAPAN

1970年より兵庫県尼崎市で刺青・タトゥーを中心にアート活動しているSOUTHBAY TATTOO JAPAN 所属アーティスト2名によるブログ。
二代目彫寿-Horiju II & 寿舞-Jumai(女性彫師)
<古典水墨肌絵刺 尼崎彫寿一門>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SOUTHBAY JAPAN
profilephoto
■サウスベイジャパン〜古典水墨肌絵刺 尼崎彫寿一門
■〒660-0083 兵庫県 尼崎市 道意町 3−11
■PM 14:00〜PM 22:00 水曜日定休
■TEL: 06-6419-4005 完全予約制

オフィシャルPCサイトはこちら
ケータイサイトはこちら
スマートフォンサイトはこちら

1970年に古典水墨肌絵刺神戸彫寿(ほりじゅ)によって
刺青・タトゥーをベースにアート活動する為、建てられたアトリエです。
当初、尼崎と神戸にあった仕事場を尼崎に新たに統合し、
アトリエとしました。

2000年に古典水墨肌絵刺神戸彫寿が亡くなった後、門弟である
二代目彫寿(horiju 供砲伴舞(jumai)によって受け継がれました。

2002年海外との取引を視野に入れ代表名を「SOUTHBAY JAPAN」とし、現在に至ります。

門弟二名の詳細については各プロフィールページを参照して下さい。

このページの先頭へ